→2015年以降のご案内はこちら
● 「スワーミー・メダサーナンダ師 第11回特別研修会」のご案内(終了しました。ご参加いただきました皆様、有難うございました。)
日程 2014年8月24日(日) 午後2:00〜4:30(開場・受付1:30〜)
場所 天風会館 1F 102
文京区大塚5-40-8 (東京メトロ 有楽町線「護国寺駅」1番出口 すぐ) →こちらをご参照下さい
テーマ  ウパニシャッドのエッセンス
(日本語でご講義されます。質疑応答、瞑想の時間もあります)
講師 スワーミー・メダサーナンダ師 (日本ヴェーダーンタ協会会長)
1979年ラーマクリシュナ・ミッション*の出家僧となり、ヴィディヤマンダラ大学学長を経て、1993年より日本ヴェーダーンタ協会会長を務める。歴史学修士。(社)日本ヨーガ療法学会顧問。著書にVaranasi at the Crossroads、『スワーミー・ヴィヴェーカーナンダと日本』等。

*ラーマクリシュナ・ミッションとは →http://www.belurmath.org/
インド・コルカタに本部を置く社会奉仕団体です。1998年には、その活動に対してインド政府文化省よりガンディー平和賞を受賞しています。2013年から今年にかけて、ラーマクリシュナ・ミッションを設立したスワーミー・ヴィヴェーカーナンダの生誕150周年祭が、インド内外(駐日インド大使館を含む)で開催されました。

会費 2500円
定員 40名(先着順)
申込 お申込みはパドマ・ヨーガ・アシュラムまで
◎諸準備の都合もございますので、参加ご希望の方は、メールにてご予約下さい。
◎スワーミー・メダサーナンダ師のこれまでの御講演の内容(一部)は、『パドマ・ヨーガ通信』No.15 No.16 No.19にてご紹介しています。どうぞご覧下さい。

● これまでの主な研修会  外部講師、及びパドマ講師による、各種勉強会・研修会を開催してまいりました。
スワーミー・メダサーナンダ師 第10回特別研修会
日程 2013年7月7日(日) 午後2:00〜4:30
場所 天風会館 402
テーマ  「ポジティブに生きること」
講師 スワーミー・メダサーナンダ師 (日本ヴェーダーンタ協会会長)
第4回教養講座
日時 2010年4月18日(日) 午後2:30〜4:30
場所 大塚公園集会所 2F 洋室C・D
テーマ  『バガヴァッド・ギーター』の全体像を探る
[概要] 『バガヴァッド・ギーター』は、解脱のための実践書である。
ギーターには深遠な哲学、教義が説かれているが、 それは実践を抜きしては、理解し得ないといっても過言ではない。 18章からなるギーターは、だれもがヨーガの階段を一段ずつ登り、 最後の18章で完全に理解し解脱できるように、ヨーガの18の階梯が 説かれているともいえる。
そこで、従来、ギーターで説かれているとされる解脱の3方法、 カルマ・ヨーガ、ギャーナ・ヨーガ、バクティ・ヨーガを、 段階的ヨーガの実践法という観点から位置づけ、 ギーターのヨーガの意味を明らかにし、その全体像を概観してみたい。
講師 及川弘美先生(ヒンドゥー教研究家)
第3回教養講座
日時 2009年11月23日(月・祝) 午後2:30〜4:30
場所 大塚公園集会所 2F 洋室C・D
テーマ 「ヴィヴェーカーナンダのヨーガ―その生涯と思想をたどって―」
1893年アメリカ・シカゴで開催された万国宗教会議での演説で一躍脚光を浴びたヴィヴェーカーナンダは、アメリカやイギリスでの伝道活動に従事しました。インド独立の父マハートマ・ガンディーにも影響を与えたと言われる、その思想とはどのようなものであったのでしょうか。ヴィヴェーカーナンダゆかりの地インド・コルカタ等の映像もご紹介しつつ、考えてみます。
講師 平野久仁子(パドマ・ヨーガ・アシュラム代表、上智大学大学院博士後期課程)
第2回教養講座
日時 2009年2月22日(日) 午後2:00〜4:00
場所 パドマ・ヨーガ・アシュラム
テーマ 「ヒンドゥー教からみた仏教」
講師 及川 弘美 先生(ヒンドゥー教研究家)
第1回教養講座
日時 2008年10月12日(日) 午後2:00〜4:00
場所 パドマ・ヨーガ・アシュラム
テーマ 「米大統領選にみるアメリカの深淵」
講師 鈴木顕介氏(元共同通信記者)
ヨーガ・スートラ勉強会&バガヴァッド・ギーター勉強会(1997〜2006) 
1997年より47回にわたり続いて参りました、木村慧心先生(日本ヨーガ・ニケタン代表、日本ヨーガ療法学会理事長)をお迎えしてのヨーガ聖典の勉強会は、道場移転に伴い、2006年をもちまして一旦終了させていただきました。多くの方々にご参加頂き、誠に有難うございました。

スワーミー・メダサーナンダ師 特別研修会 第1回〜第9回 (2001〜2011) 
第1回〜第5回(2001〜2005) 於:(旧)パドマ・ヨーガ・アシュラム
特別研修会として、年に1回、スワーミー・メダサーナンダ師 (日本ヴェーダーンタ協会会長)をお招きして、インド思想とその実践法について、ご講義いただきました。
第6回〜第9回(2008〜2011) 於:大塚公園集会所 2F 洋室
会場を大塚に移し、3年ぶりに再開致しました。
日本語でご講義いただき、活発な質疑応答もなされ、皆様の熱心なご様子が伺われました。
これまでのテーマは以下の通りです。
第1回 「自己の成長 (Self Development)」 2001.8.18
第2回 「心の健康」 2002.8.24
第3回 「愛 − 悟りの道」 2003.6.14
第4回 「今を生きる (Living in the 'now')」 2004.5.23
第5回 「調和 (Harmony) 」 2005.6.18
第6回 「瞑想とマントラ」 2008.8.30-→講演録 『パドマ・ヨーガ通信』 No.19
第7回 「“Who am I ?” 私は誰でしょう?」 2009.7.6 →講演録 『パドマ・ヨーガ通信』 No.15 No.16
第8回 「正しい欲望、正しくない欲望」 2010.8.29
第9回 「瞑想と幸せ」 2011.8.28 →講演録 『パドマ・ヨーガ通信』 No.20 No.21

第4回研修会

第7回研修会

「内観」研修会
2004年11月27日(日)、於:(旧)パドマ・ヨーガ・アシュラム
「内観」をテーマに研修会を開催致しました。「内観」は自己探求法であり、現在では、医療、教育等の分野でも広く取り入れられています。講師には本山陽一先生(白金台内観研修所所長)をお招きしました。「内観」の説明の後、実習の指導もして頂きました。本山先生の温かみのあるお話で、終始和やかな雰囲気に包まれました。

B.R.シャルマ博士(インド・カイヴァルヤダーマ・ヨーガ研究所副所長)特別研修会
2002年4月13日 於:(旧)パドマ・ヨーガ・アシュラム
テーマ「インド思想史概説〜ヨーガと関連して」
→講演録 『パドマ・ヨーガ通信』 No.3 No.4 No.5



ヨーガ特別研修会
2000年4月30日 於:(旧)パドマ・ヨーガ・アシュラム
講師:マタディン・アガルワル先生(アリシャ・ヴィディヤ・グルクラム専属ヨーガ・インストラクター兼ヨーガ・セラピスト)
相方 宏先生(カイヴァルヤダーマ・ヨーガ研究所客員講師)
テーマ:「ヨーガとインド思想<ヴェーダーンタ>」
「ヨーガをめぐる最近の動きから −インド・タイ・日本をまわりながら−」
スワミ・マヘシャナンダ師(インド・カイヴァルヤダーマ・ヨーガ研究所代表)特別研修会
1999年8月8日・1997年5月25日 於:(旧)パドマ・ヨーガ・アシュラム
テーマ:「クリヤー・ヨーガとは何か −その意義と技法−」
→講演録 『パドマ・ヨーガ通信』 No.6 No.7 No.8 No.9 No.10



ヨーガ関係者のためのカウンセリング研修会(第T期)
1998年4月〜7月(全4回) 於:(旧)パドマ・ヨーガ・アシュラム)
講師:平野 学先生(慶應義塾大学講師、臨床心理士)



ヨーガ・セラピー研修会
第1回:1996年5月〜10月(全6回)  第2回:1997年4月〜8月(全5回) 於:(旧)パドマ・ヨーガ・アシュラム
講師:山田久仁子(パドマ・ヨーガ・アシュラム副代表)
内容:「ヨーガとは」「アーサナ・プラーナーヤーマ・ムドラー・バンダのメカニズムと実際」等


アーユルヴェーダ講習会
1994年8月27日 於:(旧)パドマ・ヨーガ・アシュラム
講師:クリシュナ・U・K博士
アーユルヴェーダの概論を学ぶと共に、ギー(精製バター)を用いた目(ネトラ・タルパナ)や口の健康法を実習しました。
このページのトップへ戻る
HOME | プロフィール | ヨーガ・クラス | 研修会 | ひとこと | 書籍 | パドマ・ヨーガ通信 | お申込み・お問合せ
© PADMA YOGA ASHRAM All Rights Reserved.
HOME プロフィール ヨーガ・クラスのご案内 研修会のご案内 ひとこと 書籍のご案内 パドマ・ヨーガ通信 お申込み・お問合せ body>