正坐
「正坐。礼。黙想・・・。」 子供が通っている剣道では、まず礼に始まります。付き添いで行く私も、道場の隅で、思わず正坐をして、背中をピッとしてしまいます。今日は少し疲れているなぁ、と思っていても、先生の掛け声とともに、正坐をすると、疲れも飛んでしまうようです。

インドでは、普段の生活の中で、女性ももっぱら胡坐(あぐら)になることが多いように感じますが、日本では、正坐が自然と行なわれてきたように思います。

ヨーガでは、正坐は「金剛坐(ヴァジラ・アーサナ)」として、一つの重要な坐法として、知られています。金剛とはダイアモンドの意味です。ハタ・ヨーガのテキストの一つである『ゲーランダ・サンヒター』では、金剛坐(ヴァジラ・アーサナ)を、次のように説明しています(佐保田鶴治『続・ヨーガ根本教典』(平河出版社)参照)。
 
「太ももを金剛(ダイヤモンド)の如く堅くして、肛門の両側に双方の足を置く。これがヴァジラ・アーサナである。・・・」(2.12)

両足の指先は、触れる程度で、重ねないでおきます。手は太ももの上におきます。
そのまま、目を閉じて、ほんの数分・・・、静かに呼吸を続けているだけで、気持ちがとても落ちついてきます。
2006年5月13日
  • インドのアーユルヴェーダ石鹸
  • 身体全体で感じる、そして考える
  • 実践から学問へ、学問から実践へ
  • グッピーの生態
  • 暑い季節のプラーナーヤーマ(その2)
  • 電子レンジを使わない生活
  • インド・ロナワラのヨーガ大学
  • アイアンガー氏 90歳
  • DNAの神秘
  • 寒い冬こそ身体を動かしましょう!
  • ベンガルのカーリー女神
  • アンバサダー イン コルカタ
  • 文系か理系か
  • スティラ・スカム・アーサナム
  • ミニミニ菜園
  • あぁ ヨーガ・スートラ・・・
  • ロナワラのチッキ
  • ヴィヴェーカーナンダ研究とヨーガ
  • インドの深みへ
  • アーサナ
  • 愛するということ
  • 浅草の観音様・浅草寺のお正月
  • ヨーガの国際会議
  • バガヴァッド・ギーター
  • 正坐
  • ヨーガとアンチエイジング
  • ハス(蓮)
  • アーユルヴェーダ
  • アートマン
  • 占い
  • 暑い季節のプラーナーヤーマ
  • 月の力
  • 呼吸法について
  • ヨーガのポーズ
  • このページのトップへ戻る
    HOME | プロフィール | ヨーガ・クラス | 研修会 | ひとこと | 書籍 | パドマ・ヨーガ通信 | お申込み・お問合せ
    © PADMA YOGA ASHRAM All Rights Reserved.
    HOME プロフィール ヨーガ・クラスのご案内 研修会のご案内 ひとこと 書籍のご案内 パドマ・ヨーガ通信 お申込み・お問合せ