アーサナ
「そこのアーサナをこっちに持ってきてください」と、かつてインドのスワーミージ(ヒンドゥー教の僧侶)に言われ、「ヨーガのポーズ=アーサナ」と覚えていた私は、「はて?」と思ったことがあります。スワーミージは、坐るときに下に敷くマットのことを指して「アーサナ」と仰ったのでした。

「アーサナ」を梵和辞典で引いてみると、「坐すること」「端坐の姿勢」「座」「席」「座具」などの意味が出ており、「坐」に関する言葉であることがわかります。

ヨーガの様々な姿勢(ポーズ)も「アーサナ」と呼ばれますが、『ヨーガ・スートラ』を著したパタンジャリによれば、「アーサナ」は本来、「瞑想のための坐法」と考えていたようです。

しかし、「シヴァ大神は84のアーサナをお説きなされた・・・」(『ハタ・プラディーピカー』(1・32)とあるように、『ゲーランダ・サンヒター』や『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』等のハタ・ヨーガのテキストには、坐のための姿勢だけでなく、様々なアーサナが出てきます。今日では、数え切れないほどのアーサナがあるかもしれません。

スワーミー・クヴァラヤーナンダは、こうしたアーサナを大きく3つに分類しています。それは、
(1)瞑想のためのアーサナ
(2)リラックスのためのアーサナ
(3)一般的なアーサナ(鍛錬のためのポーズ)
です。

「アーサナは快適で安定したもの」(『ヨーガ・スートラ』より)であることをふまえ、(1)(2)(3)を適宜組み合わせて実践していくと、「アーサナ」がより一層効果的なものになると感じます。
2007年5月2日
  • インドのアーユルヴェーダ石鹸
  • 身体全体で感じる、そして考える
  • 実践から学問へ、学問から実践へ
  • グッピーの生態
  • 暑い季節のプラーナーヤーマ(その2)
  • 電子レンジを使わない生活
  • インド・ロナワラのヨーガ大学
  • アイアンガー氏 90歳
  • DNAの神秘
  • 寒い冬こそ身体を動かしましょう!
  • ベンガルのカーリー女神
  • アンバサダー イン コルカタ
  • 文系か理系か
  • スティラ・スカム・アーサナム
  • ミニミニ菜園
  • あぁ ヨーガ・スートラ・・・
  • ロナワラのチッキ
  • ヴィヴェーカーナンダ研究とヨーガ
  • インドの深みへ
  • アーサナ
  • 愛するということ
  • 浅草の観音様・浅草寺のお正月
  • ヨーガの国際会議
  • バガヴァッド・ギーター
  • 正坐
  • ヨーガとアンチエイジング
  • ハス(蓮)
  • アーユルヴェーダ
  • アートマン
  • 占い
  • 暑い季節のプラーナーヤーマ
  • 月の力
  • 呼吸法について
  • ヨーガのポーズ
  • このページのトップへ戻る
    HOME | プロフィール | ヨーガ・クラス | 研修会 | ひとこと | 書籍 | パドマ・ヨーガ通信 | お申込み・お問合せ
    © PADMA YOGA ASHRAM All Rights Reserved.
    HOME プロフィール ヨーガ・クラスのご案内 研修会のご案内 ひとこと 書籍のご案内 パドマ・ヨーガ通信 お申込み・お問合せ